導入事例

ご利用企業様インタビュー

お客様や働く現場の様子がリアルにわかる

株式会社 モスダイニング 取締役副社長 清水教明 様

モスフードサービスグループでレストラン事業展開を行う株式会社モスダイニング様では、清水副社長の思いを会社全体に波及すべく、またもっと現場の実態をよく知りたいとの思いから、副社長主導でPerformance Plusを全店で導入いただいています。

現場のリアルな情報を求めて導入

Performance Plus導入の背景としては、事業拡大に伴い、現場の様子がトップまでだんだんと見えなくなっていたことが大きいです。私自身も極力店に足を運び、現場の把握に努めてはおりますが、第一線で働いてくれている多くのアルバイトさんにどんなお仕事をしていただいているのか、個人レベルまでは分かりませんでした。しかし、現場で起きていることすべてのことが会社の事業計画に関わります。経営者が現場の様子を知らずして事業計画を立てても、それは机上の空論に過ぎません。Performance Plusを知った時、これを通じてアルバイトさんたちの日々の様子やお店で何が起きているのか、お客様の様子がどうなのかがリアルに分かるのではないかと直感し、導入を決めました。

コメント返信が、店長の励みにもなっているようです

こういったツールは、使い慣れている人とそうでない人もいるので、導入に際し不安はありましたが、名前とIDが記入された運用手引きを一枚一枚全員に渡し、店長に協力を得ながら使い始めたところ、順調に導入に至っていると感じています。店長判断で帰り際に「Performance Plusやった?」「はい、やります!」と声かけをして運用促進をしている店舗もあります。店長からのコメント返信を楽しみにしているスタッフも多くいるとのことで、店長の励みにもなっているようです。

経営者にとって、貴重な情報を得られるシステム

現場のスタッフが、日々こんなにいろいろなことを考えながら仕事をしてくれているのだなと改めて知ることができました。また、店長がどういう対応をしているのかも見えてくるようになりました。経営者にとって貴重な情報が集まってくるようになり、これを生かしていかなければならないと思います。使うことが目的なのではなく、会社にとってどういう結果を出すことが必要なのか、いろいろな機能を使って検証しながら活用していきたいと思います。

「従業員を大切にする」社風の我が社に最適なシステム

株式会社 ハイデイ日高 取締役兼専務執行役員 田辺喜雄 様

株式会社ハイデイ日高様は、約10,000人近くの店舗アルバイトスタッフを抱える、関東随一の規模を誇るラーメンチェーン企業です。一人一人のアルバイトスタッフを大切にする企業風土が有名で、全店でPerformance Plusを導入いただいています。

公正な評価やスタッフ教育ができるツール

弊社では、創業者神田正の考えである「パート・アルバイト従業員を大切にする」という社風を大切にしています。今後の出店計画の達成に欠かせない、店舗のアルバイトスタッフのさらなる定着化のため、公正な評価やスタッフ教育ができるツールを探していました。Performance Plusにより、これまでペーパーで行っていた評価や、社内コミュニケーション、教育プログラムのシステム化が実現できると思い、導入しました。

幅広い年代のスタッフや外国人スタッフも利用

当社は店舗数が多いため、導入前はスムーズな稼働ができるかを懸念しておりましが、各店舗に対し本部で丁寧に手厚くフォロー(回答や対応)を行い、店長が安心して使用できる環境を整えた結果、開始後1ヶ月程で落ち着きました。現在は各店舗に設置したタブレットを使い、高校生から年配の主婦層まで幅広い年代のスタッフや外国人まで利用しています。 自分の評価結果が見られるなど透明な運用ができております。

電子化による効率化を実感

まず、これまで紙ベースで行っていたパート評価の業務が、現場・管理側共に大幅に削減されました。店長やエリアマネージャーの業務負担が軽くなり、管理部門においてもデータの電子化による収集・集計業務の効率化が認められております。副次的なものとしては、eラーニング機能でさまざまな連絡業務に利用することができ、周知効果が高まりました。また、FAXやメール、DVDなどに代わり、例えば最近大きなウエイトを占める外国人従業員向けのマニュアルや動画を配信することで、教育の効率化やコミュニケーションのスピードアップにつながりますので、積極的に利用していく計画です。

スタッフの声を聞く姿勢につながるシステム

株式会社ifD 専務取締役 藤田 等 様

株式会社 ifD様は、さくら介護グループ様の一員として、主に訪問介護、訪問鍼灸・マッサージを提供しておられます。この度訪問介護部門にパフォーマンス プラスを導入していただき、その感想をお聞きしました。

スタッフの声を受け止めるツールが見つかった

訪問介護という性質上、スタッフが1人で利用者様のご自宅を訪問しています。現場の状況報告・連絡・相談はするものの、電話やメール等でのやり取りが多く、社内で共に過ごす時間は限られています。管理者やサービス提供責任者も日々の業務に追われ、必要な業務連絡をするのが精一杯です。もちろん定期的に指導・教育はしていますが、スタッフ一人ひとりの声に耳を傾けられず、心の変化にいち早く気付くことが困難な状況でした。そこで出会えたのが、パフォーマンス プラスです。スタッフの反応は、「こんなこと言ってもいいのかな?」が「こんなことも聞いてもらえた」に変わり、上司にとっては「何を考えているかわからない」が「そんな風に感じていたのか」と、部下の気持ちを受け止めることができるようになりました。

情報共有の仕組みが、安心と連体感を生んでいる

自己振り返りについては、ルーティンワークを滞りなく継続する習慣を養えると感じています。 フリーコメントの活用については「あえて言わなくても問題はないが、言葉にしてみたら思いが伝わり、嬉しかった。感謝できた」 「伝えてもらうことで心苦しいこともあるが、それを今知ることが出来て良かった。そして一緒に解決を図ろうと取り組めた」などの反響を得ています。 つまり、誰に知れることもなく過ぎたかもしれないことをチームの仲間で共有できることが、社内の連帯感を高めているのではないでしょうか。繋がっているという安心感が、会社への愛着と仕事への誇りを深めていくことを実感しています。

「気づきのツール」としての効果を実感

まだまだ全社員に浸透していないこともあり、定着率の向上などの数値的な結果は計りかねますが、離職の先送りには一定の効果を上げているように感じます。パフォーマンス プラスはそれ自体が解決のツールにもなり得ますが、まずは気付きのツールとして効果があるので、無意識のうちにスタッフのことを気に掛ける姿勢が備わりつつあるのかもしれません。

スタッフ様のコメント

管理者A様

スタッフさんが日頃感じる思いや疑問点、また仕事を離れたプライベートな呟きなど、様々な想いを知る事が出来るようになりました。パートスタッフの方は現場へ直行直帰されるので、直接お会いして話す機会も少ない為、このツールでコミュニケーションを図る事が出来るようになり、有難く思っています。 病院や施設に長年勤務していましたので全くの異業種ではありませんが、訪問介護の弊社に勤めてみて、これまでとは違った形でのやりがいを感じています。慣れない点も多々ありますが、日々自己研鑽と思い、勤めさせて頂いています。

ヘルパーB様

上司に話し辛いなと思うことも多々ありましたが、文章でなら伝えられることも有り、コメントも返して下さるので、お互いの距離が縮まったと思います。また、これを始めてから上司と話す機会が増えたような気がします。導入して頂いたことに感謝しております。 介護の業界は初めてで不安でしたが、利用者様から笑顔を見せて頂いた時など、少しずつですがスキルアップ出来ている実感があり、充実した日々を過ごせています。先輩方が適切なアドバイスをこまめに下さるので、利用者様にとってより良いサービスが出来る点が、ここに勤めて良かったと感じるところです。